Minecraft

マイクラプログラミングの始め方(インストール編)

投稿日:

マインクラフト(「Minecraft」)を使ったプログラミングのやり方としてはScratchと接続する方法やLua言語を利用する方法など、いくつかやり方がありますが、小学生・中学生がマイクラでプログラミングを行う場合は、「MakeCode」というマイクラ専用のブロック型のプログラミング言語を利用する方法がお勧めです。

ここでは「MakeCode」を使ってプログラミングができる環境の準備方法とプログラムの作り方、プログラムの実行方法をご紹介します。

環境準備

まずは持っている端末(パソコンやiPad)にプログラミング環境を構築しましょう。

「MakeCode」を使ったプログラミング環境としては以下の2種類があります。

  • 「Minecraft Education Edition」を使う方法
  • 「Minecraft for Windows 10」と「Code Connection for Minecraft」を使う方法

「Minecraft Education Edition」 は教育用に作られた「Minecraft」で、通常は個人では購入することができず、学校やプログラミング教室のような団体で用意することができます。ただし、2022年2月28日までは期間限定で無料で利用できる方法があるので、後ほどご説明します。

「Minecraft Education Edition」を使う方法はWindows、Mac、iPad、Chromebookに対応に対応しています。

「Minecraft Education Edition」を使う方法
(Windows、Mac、iPad、Chromebookに対応)

「Minecraft Education Edition」 のアカウント準備

「Minecraft Education Edition」のインストールは無料ですが、アカウント(=利用権)は有料です。そして、アカウントは通常は個人では購入することができず、学校やプログラミング教室のような団体で購入する必要があります。

学校でアカウントを用意してくれている場合はそちらをご利用ください。

学校で「Minecraft Education Edition」の アカウントが用意されていない場合は「彩都こどもプログラミング教室」でも用意することが可能ですので一度ご相談ください。

【注目】今だけ期間限定で個人で無料で利用できます。その手順はこちら↓。

現在「Minecraftカップ2021全国大会」が開催されています。こちらの大会にエントリーすることで2022年2月28日までは無料で「Minecraft Education Edition」のアカウントを貸してもらうことができます。

大会へのエントリーは大会公式ページから行うことができます。現状では大会ページの画面右上に「エントリー」ボタンがあります。

「Minecraft Education Edition」 のインストール

こちらのサイトからインストーラをダウンロードします。

※以下の図のような画面で、「Download」ボタンからダウンロードできます。

ダウンロードしたインストーラを実行します。以下のような画面が出てくるので、画面の内容に従ってインストールを進めてください。

ログイン方法

インストールした「Minecraft Education Edition」を起動すると以下のようなログイン画面(サインイン画面)が表示されます。この画面にメールアドレスを入力して「次へ」ボタンをクリックしてください。

この画面にはパスワードを入力して「サインイン」ボタンをクリックしてください。

以下のような画面が表示されたらログイン完了です。

「Minecraft for Windows 10」と「Code Connection for Minecraft」を使う方法
(Windowsのみ対応)

「Minecraft Ecucation Edition」を利用できない場合は誰でも購入できる「Minecraft for Windows 10」を使ってプログラミング環境を作ることができます。この方法については後日ご紹介します。

マイクラプログラミングの始め方(「Minecraft Education Edition」編)

「Minecraft Education Edition」を使ったプログラミングの始め方について、具体的な手順は以下のページにまとめていますのでご参照ください。

-Minecraft

Copyright© 彩都こどもプログラミング教室 , 2021 All Rights Reserved.