プログラミング教室

基礎コース 開講して4か月が経ちました!

更新日:

基礎コース(水曜・金曜コース 幼稚園年長~)楽しく学んでいます! 

2019年3月、ついに基礎コースを開講しました。
2020年から学校教育にもプログラミングが取り入れられることから幼稚園や小学校低学年の参加希望が増加し、 今までやってきたScratchでの指導では低学年には難しいことから、別のツールを使ってのプログラミング指導を行おうと模索していました。
マウス操作が難しいお子さんからでも自然と学べるツールをいくつか探し、やっとこの基礎コースを開講することができました。

小3、開講後2か月で関数も扱う。

現在、基礎コースには幼稚園年中~小学6年生のお子さん13名が通っています。
当然ながら学年が違うとそれぞれの実力も成長度合いもバラバラ。
そこをどうやってうまくやっていくかを私も補助で入ってくれている先生も開講当初はずいぶんと悩んでおりました。

ですが、そのバラバラを活かし、お互いを刺激しあう環境に持っていけばうまくまとまるのではないか、と考え、 以下の特徴を軸に取り組んでいくことに決めました。

基礎コースの特徴

この基礎コースの特徴は

「みんなが教えあう」
「みんなに自慢しあう」
「みんなが別々のことをしあう」 です。

基礎コースでは、いくつかのプログラミング教材を使い、お子さんに合わせたツールを使うのはもちろん、その日、自分がやりたいツールを使ってプログラミング思考を身につける形式となっています。

ある生徒が「見てみて~!このゲームやってみて~!」と自分が作ったゲームを他の生徒さんに声をかけ、実際にそのゲームをやってもらったり、
ある時は「この問題解けたで!教えてあげるわー!」と先生になってみたり。
かと思えば、隣ではほかの生徒がやっているツールが気になって「私もあれをやってみたい!」と興味を持って取り組みだしたりと、とても自由度の高い教室となっています。

中上級コースにあたる彩都PGラボとは違い、基礎コースでは
「まずはプログラミングに興味を持ってもらい、ゼロから何かを生み出すことを楽しい、と思ってもらいたい」という思いから、
このような形式を取っています。

開講当初は子どもたちも、まずは何をすればいいのか、何を作りたいのか、が分からず、与えられた課題を淡々とこなすだけだったのですが、
最近ではみなそれぞれが作りたいものを見つけ、「え~?もう終わり~?」と1時間が全然足りない、という生徒さんもいたり、授業時間が過ぎてもお互いの作った作品を見せ合い、なかなか教室を閉められない、という状況に変わってきました。

同じ教室には、違う幼稚園、小学校に通い、異学年ではありますが、それぞれの生徒さんたちがお互い切磋琢磨し、自然と力を高めあう環境になってきていると思います。

「プログラミングってなんだろう?面白そう。ちょっとやってみようかな。」と思ったら一度体験にいらしてください。
いつでも申し込みをお待ちしております。

お申し込みはこちら。→お問い合わせ

プログラミング指導をしてくださる先生を募集!

そして、現在生徒募集だけでなく、先生も募集しています。

子どもたちと一緒にプログラミングを勉強したい、という大学生や大人の方。

子どもたちにプログラミングを教えながら自分も学べる環境で働いてみませんか?

「教えていると、自分も勉強したくなる」

そんな環境で働いてみたい!と思った方、
特に将来、IT関係や先生になりたい方はぜひご連絡ください。

お待ちしております。ご連絡はこちらから→お問い合わせ

-プログラミング教室

Copyright© 彩都こどもプログラミング教室 , 2019 All Rights Reserved.