Scratch プログラミング教室

小学1、2年生 お絵描きタイム

投稿日:

報告が遅くなりましたが、
小学校で1、2年生30人を対象にプログラミング教室を開催しました。

Scratchの基本的な操作を伝えた後、お絵描きタイムにしました。予告どおり、楽しかった思い出を自由に絵にするように言ったのですが、自由だと何を描いていいのか悩んでいる子が多かったような気がします。運動会とか遠足とか指定した方が良かったかもしれません。
その後は自分で描いた絵に動きを付けてもらいました。
低学年の子達はちょっとしたことでもいい反応をしてくれるのでとても教え甲斐があります。
終わった時に「楽しかったー」と言ってくれた子がいました。これが一番うれしいです。

参加頂いた皆様、ありがとうございました。

今回もいろいろ反省点があるのですが、低学年にScratchはやっぱりちょっと難しいのかな。と思いました。
Scratchの構文は一般的なプログラミング言語と似ていて、普段からプログラミング言語に触れている私からすると、色んな処理を組み込む事が出来て作りやすいのですが、低学年の子達が思い通りの動きを組み込むには少し難しいかもしれません。
次回低学年向けに開催するときはViscuitというプログラミング言語を使ってみようかと思っています。
Viscuitの詳細は改めて記事を書こうと思いますのでご期待ください。

私の描いた絵がイマイチだったせいで、引きずられてしまったかもしれません。。。

-Scratch, プログラミング教室

Copyright© 彩都こどもプログラミング教室 , 2019 All Rights Reserved.